2017-07-11第3期若者議会 教育ブランディングチーム

突撃!!!新城中学校共育の日

若者議会第3期生教育ブランディングチームの黒田です。これから一年頑張っていきますのでよろしくお願いします。

本日は、6月17日に行われた新城中学校の共育の日の記事です。

教育ブランディングチームでは、小中学生のうちから「新城」に興味、関心のある子をもっと増やしたいということから小中学校でのワークショップを12月に開催する予定です。今年度は1つの中学校で開催する予定です。

 

しかし、

 

今現在小中学校ではどんな授業が行われているのかわからない・・・・

生徒の様子はどうなんだろう・・・

 

よし、じゃ現場に行ってみよう!!!

・・・・・・・・ということで新城中学校の「共育の日」を訪問しました。

共育について ←共育についてはこちらのリンクをクリックしてください。

 

新城中学校では「新中防災フェスタ」と題し、「防災に関するアトラクション」や「炊き出し配給」を行っていました。僕たちのチームも2人1組に分かれて校内のアトラクションを体験したり、生徒の様子を見て回りました。

消火器体験の様子

 

全体を見てみると、生徒は自分から率先して動く、また最初の先生の指示の内容だけを意識するのではなく自分たちから各コーナーの宣伝をして呼び込む所に気づきました。例えば、体育館内の過去の災害の展示では、生徒が自分たちで調べた事を踏まえて来た人に説明する場面もあり生徒が中心となっていました。また生徒が先生にこうしたら良いと言う提案をのべていました。

 

また、12月に予定されているワークショップを一緒に担当していただける先生との初顔合わせを行いました。

 

担当の先生との打合せ

 

先生との対話の中で、まず私たちが何を目的としているか、最初から内容に入るのではなく、まず若者議会の説明からするのが良いと言われました。私たちが発言する事全てが実現するわけでないので、まずは私たちの考えを次回までにちゃんとまとめたいと思いました。

 

その後時間もないということで、校内の日陰をお借りして、今後について早速打ち合わせをしました。

今後もよい政策を作れるようにチームのみんなで頑張っていきます。よろしくお願いします。